日本スポーツ協会公認スポーツ栄養士 管理栄養士 松田幸子

公認スポーツ栄養士 管理栄養士 松田幸子

やる気のでるスポーツ食育 ジュニアアスリートパフォーマンスアップのプロ

小・中・高キャリア教育 スポーツ食育 スポーツ栄養学 ジュニアアスリート 栄養士キャリア形成 スキルアップ 講師派遣 栄養コンサル 監修・執筆 健康増進 介護予防

日本スポーツ協会公認スポーツ栄養士
管理栄養士
健康運動指導士
中学・高等学校教諭一種免許(家庭)
女子栄養大学生涯学習講師
日本漢方養生学協会漢方スタイリスト  
日本漢方養生学協会養生薬膳アドバイザー
MFA(ベーシックプラス)プロバイダー


   





略歴

ジュニア競泳選手時代、合宿の食事が原因のケガで現役を引退する。 これをきっかけとして「どんなレベル・年齢の人に対してもケガのない体づくり」を指導することを高校1年で決意。東京都立新宿高等学校から女子栄養大学栄養学部へ進学。大学ではまだ社会に浸透していなかったスポーツ・運動と食事の関係を学び研究する。 卒業後、フィットネス企業 (株)レヴァン(丸紅グループ)入社。スイミングインストラクター、ジムトレーナー、喫茶運営、プログラム開発、社員教育など幅広く業務を行う

退職後、管理栄養士・パーソナルトレーナーとしてフリーランスで活動。年間1000件以上の個人指導(運動・食事)を継続的に実施。健康増進・介護予防個人指導や特定保健指導・介護予防講座を行う。 並行してアスリート対象スポーツ栄養講座、アスリート個人サポート、栄養士・管理栄養士講座スキルアップ講師、講演、監修を行う。

講師派遣

2009年1月パーソナルトレーナー 田中真央が立ち上げた健康と笑顔を運動・食事・メンタルでサポートするプロチーム Total Wellness Consulting® 参加。

TWCについて

2011年10月、フィットネス業界初の公認スポーツ栄養士として日本体育協会(現:日本スポーツ協会)に登録される。

公認スポーツ栄養士とは

サポートアスリートは国体出場や日本選手権優勝、世界大会銀・銅メダルを獲得する。(契約上競技種目非公開)
メインサポートの競泳選手はインカレ、インターハイ、全国中学、JOC(ジュニアオリンピック)などの全国大会に出場。メダル獲得、入賞や国体・都道府県選抜に選ばれている。現在はジュニア選手のパーソナルサポート以外にも、メール相談を開始。「強い選手になる」だけではなく「アスリートの親になる」ための親子サポートをしている。

ジュニアアスリートサポート

並行して栄養士の卒後教育の一環として、 TWCスポーツ栄養サポートチームを発足。日本工学院スポーツカレッジと産学提携を結び、全国専門学校テニス選手権大会 男子団体6連覇達成のサポートを行う。

事業実績

サッカーJリーグ 鹿島アントラーズ食育キャラバン事業においてホームタウンの茨城県鹿行地区(鹿島市、行方市、鉾田市、神栖市、潮来市)全小学校を巡回。スポーツ選手だけではなく一般の子どもの体づくり・成長・発達教育にも携わっている。

食育キャラバン

2020年6月 電子書籍で大好評の 小学生・中学生・高校生のジュニア水泳選手のためのレシピ本 「競泳めし 勝てるスイマーに育てる」が書籍化。
  日本初のジュニアスイマー レシピ・コラム本 競泳めし

競泳めし(Amazon)

2020年10月 こどもを食事・コンディション・メンタルで強いジュニアアスリートに育てる子育てマガジン「ジュニアアスリート子育て塾」、スポーツ栄養士になるための勉強・考え方マガジン「スポーツ栄養士の【実力をつける】勉強・方法・心構え」をnoteにて連載開始。

ジュニアアスリート子育て塾 スポーツ栄養士の【実力をつける】勉強・方法・心構え




松田幸子の想い

公認スポーツ栄養士 松田幸子 現役時代の泳ぎ

あなたと大切な人の体について相談したいときに、そばにいるのが私です

私が水泳選手だった中学2年の夏、肩にケガをしてそのシーズンを棒にふりました。その時、どこに相談すればよいのか、どこの病院を受診すればよいのか話を出来る人がいませんでした。

「大切な自分の体。だから安心出来る人に相談したい。」

そう思うのは当たり前なこと。それなら、私がその相談出来る人になろうと思い、今に至ります。1人1人、体やこころ、食嗜好、環境は違うので、簡単な仕事ではありません。でも

【松田に会ってよかったと思い、笑顔になって帰っていただけるよう全力を尽くす】

ことをモットーに続けてきた20年以上の経験で、お子さんからご年配の方まで一緒に笑顔になるのが私のサポート自慢です。




実績抜粋

国際大会銀メダルサポート|TWC 大泉学園 WJBL エバラヴィッキーズ スポーツ栄養講座|公認スポーツ栄養士 松田幸子 鹿島アントラーズ食育キャラバン|公認スポーツ栄養士 松田幸子 PASCO アスリート食対談 シドニー五輪マラソン出場 市橋有里氏と公認スポーツ栄養士松田幸子 競泳インターハイ出場サポート|公認スポーツ栄養士 松田幸子
国際大会サポート
メダル獲得
アスリート・ジュニア
スポーツ栄養講座
小学校・中学校
食育講座
オリンピアン
食対談
ジュニアアスリート
年間サポート・相談


スポーツ栄養講座 お客様の声 (柏レイソルアライアンスアカデミー長生様 小学生のためのスポーツ栄養講座)

スポーツ栄養講座 満足度100% ジュニアサッカー お客様の声 クイズ形式で子どもが楽しく学べました。


スポーツ栄養講座 満足度100% ジュニアサッカー お客様の声 講座を聴きながら、子どもが自主的にメモをとっていたことに驚きました。


スポーツ栄養講座 満足度100% ジュニアサッカー お客様の声 熱中症に気をつけていた「つもり」だったけど、足りなかった。


スポーツ栄養講座 満足度100% ジュニアサッカー お客様の声 具体的な食べる量をきいて、子どもが「そんなに!」と驚いていて、よく聞いているなと思いました。


*画像をクリックすると拡大します
事業実績


SNS

powered by まめわざ




公認スポーツ栄養士について

公認スポーツ栄養士の日本スポーツ協会登録数 2022年10月現在:464

  • 栄養士免許交付総数   1,132,211名:令和2年度
  • 管理栄養士名簿登録総数  264,181名:令和3年12月現在

1.公認スポーツ栄養士とは
トップアスリートからジュニア層、健康増進を目的としたスポーツ愛好家まで スポーツをする上での体作り 成長と発達・スポーツを考えた食事 試合に向けた食事 食事に関する自己管理能力 など現場のニーズに応えるスポーツ栄養の専門家であり、公益財団法人 日本スポーツ協会・公益社団法人 日本栄養士会の共同認定資格。 チームや団体内においてはチーム医療と同様、監督、コーチ、トレーナー、医・科学の各専門分野のスタッフ(スポーツ医学、運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ心理学など)と連携し、栄養面からの専門的なサポートを行う。

日本スポーツ栄養学会  "公認スポーツ栄養士とは”


2.公認スポーツ栄養士の取得の流れ