公認スポーツ栄養士
管理栄養士
松田幸子(まつださちこ)

やる気の出るスポーツ食育 公認スポーツ栄養士 松田幸子|練馬区 大泉学園 トータルウェルネスコンサルティング TWC 

やる気が出るスポーツ食育 ジャージの似合う管理栄養士




日本スポーツ協会公認スポーツ栄養士
管理栄養士
健康運動指導士
中学・高等学校教諭一種免許(家庭)
女子栄養大学生涯学習講師
日本漢方養生学協会漢方スタイリスト  
日本漢方養生学協会養生薬膳アドバイザー
MFA(ベーシックプラス)プロバイダー






お知らせ  内容はそれぞれをクリック
10/14 【レシピ・コラム】
アスレシピ 子どもが作れるアスリート向け補食
10/01 【募集開始】
ジュニアスポーツ栄養オンライン講座
09/29 【お客様の声】
山梨県 R.Nさま
中学生男子サッカー 保護者

09/28 【レシピ】
ちょい足し コンディショニングポテト
09/27 【スポーツ栄養講座講師】
鹿島アントラーズ食育キャラバン9月度
09/25 【スポーツ栄養講座講師】
ポテトの栄養まるわかり
「アスリートの食事・基本編」

09/18 【執筆・監修】
アスレシピ 関節の柔軟性と食事
09/10 【お客様の声】
神奈川県 H.Mさま
中学生競泳 保護者

09/10 【販売店追記】
ジュニア競泳初のレシピ・コラム本
『勝てるスイマーに育てる 競泳めし』 発売中

09/01 【NEWS】
サポート全競泳選手 インカレ出場決定
08/10 【スポーツ栄養講座講師】
千葉県 東庄町
小・中学生、保護者スポーツ栄養講演

07/30 【NEWS】
サポート全競泳選手 インターハイ出場決定
07/19 【スポーツ栄養講座講師】
鹿島アントラーズ食育キャラバン7月度

略歴

ジュニア競泳選手時代、合宿の食事が原因のケガで現役を引退する。

これをきっかけとして「どんなレベル・年齢の人に対してもケガのない体づくり」を指導することを高校1年で決意。東京都立新宿高等学校から女子栄養大学栄養学部へ進学。大学ではまだ社会に浸透していなかったスポーツ・運動と食事の関係を学び研究する。

卒業後、フィットネス企業 (株)レヴァン(丸紅グループ)入社。スイミングインストラクター、ジムトレーナー、喫茶運営、プログラム開発、社員教育など幅広く業務を行う。

退職後、管理栄養士・パーソナルトレーナーとしてフリーランスで活動。年間1000件以上の個人指導(運動・食事)を継続的に実施。健康増進・介護予防個人指導や特定保健指導・介護予防講座を行う。

並行してアスリート対象スポーツ栄養講座、アスリート個人サポート、栄養士・管理栄養士講座スキルアップ講師、講演、監修を行う。
スポーツ栄養セミナー 講師派遣


2009年1月パーソナルトレーナー 田中真央と健康と笑顔を運動・食事・メンタルでサポートするプロフェッショナルチーム Total Wellness Consulting® を立ち上げる。
TWCとは

2011年10月、フィットネス業界初の公認スポーツ栄養士として日本体育協会(現:日本スポーツ協会)に登録される。 サポートアスリートは国体出場や日本選手権優勝、世界大会銀・銅メダルを獲得する。(契約上競技種目非公開)
ジュニア・アスリートサポート

メインサポートの競泳選手はインカレ、インターハイ、全国中学、JOC(ジュニアオリンピック)などの全国大会に出場。メダル獲得、入賞や国体・都道府県選抜に選ばれている。
水泳選手の食事・栄養・体づくり

長年の水泳・競泳サポートの経験からジュニア競泳選手の食事・レシピ『勝てるスイマーに育てる 競泳めし』シリーズ 電子書籍6冊(日刊スポーツ新聞社)が2019年4月末に発売。
競泳めし 詳細

2019年7月より全国どこからでも受講出来るジュニアスポーツ栄養オンライン講座を開始。
スマホ・タブレット・PCがあればどこでも受講可能 ジュニアスポーツ栄養オンライン講座 詳細

サッカーJリーグ 鹿島アントラーズ食育キャラバン事業においてホームタウンの茨城県鹿行地区(鹿島市、行方市、鉾田市、神栖市、潮来市)全小学校を巡回。スポーツ選手だけではなく一般の子どもの体づくり・成長・発達教育にも携わっている。


詳しい実績



■公認スポーツ栄養士とは
  1. 公認スポーツ栄養士とは
    トップアスリートからジュニア層、健康増進を目的としたスポーツ愛好家まで

    • スポーツをする上での体作り
    • 成長と発達・スポーツを考えた食事
    • 試合に向けた食事
    • 食事に関する自己管理能力
    など現場のニーズに応えるスポーツ栄養の専門家であり、公益財団法人 日本スポーツ協会・公益社団法人 日本栄養士会の共同認定資格。 チームや団体内においてはチーム医療と同様、監督、コーチ、トレーナー、医・科学の各専門分野のスタッフ(スポーツ医学、運動生理学、バイオメカニクス、スポーツ心理学など)と連携し、栄養面からの専門的なサポートを行う。
    日本スポーツ協会 公認スポーツ栄養士 サイト


  2. 公認スポーツ栄養士の取得の流れ
    • 栄養士養成校卒業後 栄養士資格取得
    • 管理栄養士試験受験
    • 管理栄養士合格 免許交付
    • 日本スポーツ栄養学会開催 スポーツ栄養ベーシックコース講習会受講
    • 公認スポーツ栄養士養成講習会受講
    • 共通科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ検定試験受験 筆記試験
    • 共通科目検定試験合格
    • 専門科目集合講習会受講
    • 専門科目検定試験受験 口頭試験・インターンシッププレゼンテーション
    • 専門科目試験検定試験合格
    • 「公認スポーツ栄養士」として日本スポーツ協会・日本栄養士会認定

  3. 公認スポーツ栄養士の人数
    2019年4月現在:309名
    (免許交付数:栄養士100万人以上、管理栄養士20万人以上)
    日本スポーツ協会 スポーツ指導者に関するデータ(PDF版)